読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圏点が好きすぎる

あけましておめでとうございます。

今年の目標は「生きる」です。

よろしくお願いします。

 

 

 

好きなもののことを書きたい。

持論なのだが、好きなものの数が多いほど幸せな人生を送れると思っている。

何か将来楽しみにしている事があれば、それを味わうまでは死ねない。

油断すると襲ってくるksみたいな仕事の記憶を消すためにも、オフの日は好きなものだけで脳を満たしておきたい。

 

 

 

-----------------------

ジョジョの奇妙な冒険」が好きだ。

もう好きすぎる。9年ぐらい前に好きになってからずっと好きだ。こんなにハマるとは思わなかった。

一つ目の更新は、やはりジョジョで始めたいと思ったので書くことにする。

 

出会いは17のときだった。コンビニでアルバイトをしていた。暇だったので漫画棚の掃除をしている途中、何気なく(ほんとに何気なく)、当時出ていたリミックス版(5部終盤。ディアボロがGEレクイエムを食らってえっえっえってなるとこ)を適当に開いた。「ドドドドドド」という太字の擬音と汗まみれのキャラクターがどうやら闘っているシーンだということはわかった。

同じセリフや行動が繰り返されていて、どうも時間が操られているらしかった。(厳密にいうと違うが) 作者の名前も、スタンドの「ス」の字も知らなかったがこの時点で、「あ、これは面白いやつだ、買いたい」と確信した。続きを読みたかったが、客が入ってきたのでやめた。

 

当時は金がなかった。「漫画を全巻揃える」と言うのはあまりにもハードルが高く、調べた結果第7部80巻以上にも渡る大長編であること、いくら立ち読みしたあのシーンが面白そうだったとはいえ、全巻中古でも未知の漫画への10000円以上の出費はハイリスクだった。

 

数週間悩む中、当時刊行されたばかりの「ジャンプスクエア」に岸辺露伴は動かないシリーズ「六壁坂」が掲載された。「岸辺露伴」がどんなキャラかも知らず、(玉美と音石にサインする件の意味もわかってなかった) 新人漫画家が書いた読み切りを読む感覚で立ち読みした。

 

読みながら「すげえ」と声に出した。これまで読んできた漫画の中で一番の衝撃を受けた。台詞の放つオーラが明らかに他の漫画と違っていた。20年遅れて荒木飛呂彦の「ロマンホラー」を体験し、その日はテンションがブチ上がった。こんな漫画があったなんて。

心奪われたのはその「台詞回し」にある。具体的なシーンを紹介したい。

 

作中、大郷楠宝子が釜房郡平を死なせてしまった直後、医者を呼ぼうとするシーンでこんな台詞がある。

 

f:id:esoh925:20170104211001j:plain

 

  ... .............

まさか 電話して呼ぶのは警察のほう?

 

 

 

絵が少し怖いが、この台詞に心を奪われたことをはっきり覚えている。たぶん良さが伝わってないと思うのでぜひ読んでほしい。この台詞に自分の「好き」が詰まっている。

 

パニックに陥った末の、楠宝子の一人漫才が最高である。この状況で何うまいこと言うとんねん。人は極度の緊張状態になるとユーモア度が増すのか。

 

圏点(文字の上の強調点。調べました)がたまらない。何がたまらないのか自分でもよくわからないがたまらない。ジョジョの台詞には半分くらい圏点が入ってるのだが、圏点が出てくるたび今でもワクワクする。大事じゃない台詞でも、すごく大事な台詞っぽく聞こえる。ていうかもはや圏点がついているとジョジョっぽくなる。たぶん圏点がなかったらジョジョをここまで好きになってないかもしれないってくらい、ジョジョの圏点が好きだ。もしかしてジョジョじゃなくて圏点が好きなだけかもしれない。

でも荒木先生はすぐ圏点を入れてくるので、好きが止まらないことになる。

個人的には頻出度トップであろう「ッ」よりもこの圏点を推したい。

この台詞の前ページにもグッとくる台詞がある。

 

 

f:id:esoh925:20170104203339p:plain

 

どこにアンダーラインを引くかもうお分かりですよね。

 

『なぜよ?まるで…』

  ........    

まるであたしがッ!』 

  .................... 

ゴルフクラブで殴ったみたいじゃあないのッ!!

 

 

圏点、語尾の「ッ」、「〇〇じゃあない」で跳満ぐらいの台詞である。

「ッ」はジョジョにおいては句読点と同じくらいの立ち位置にいる。なければ世界観が成り立たない。

ちなみに安易に台詞をジョジョ風にしようとして「〇〇ッッッッ!!!」みたいな用例を見かけるが、めったに「ッ」が重なることはないし、なんでジョジョのキャラが範馬勇次郎のモノマネしてるのかな?となるので気をつけて欲しい。

 

  ................

もし死んでたら医者って役に立つの?

 

もいい味を出している。楠宝子の一人ツッコミが止まらない。

荒木飛呂彦にしか書けない台詞だ。からの『まさか 電話して呼ぶのは〜』と続くこの一連の台詞回しは、当時の自分には刺激が強すぎた。ジョジョを全巻揃えさせるには十分すぎるシーンだ。この帰り道、ジョジョを全巻揃えることを決めた。

 

 

漫画喫茶で第一部から読みつつ、次のバイト代が入る頃には当時連載していた7部まで全巻揃っていた。

以来8年間、ファンであり続けている。こんなに情熱を注いでいるものは他にないと言ってもいい。

上述したものはほんの「好き」の一部である。

このブログにおいても、定期的にこのジョジョ愛をぶつけていきたい所存である。

 

 

 

 

 

 

 

  

ちなみに、このブログのアイコンは「めぞん一刻」で響子さんが茶々丸から飛び出す所を通せんぼする朱美さんの「お勘定。」です。

 

 

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)